ポンプ交換前によくあるご質問

FREQUENTLY-ASKED QUESTIONよくある質問

当社にご相談いただくお客様より、井戸ポンプ交換前によくいただくご質問とその回答をご紹介します。

ポンプ交換前によくあるご質問

Q.
今まで使用していたポンプと同じメーカー製でなければダメですか?
A.
メーカーが変わっても全く問題ありません。出力、浅井戸、深井戸等、スペックが合えば問題ありません。
Q.
もう少し給水能力を上げたいのですが?
A.
ジェット方式のポンプを使用している場合、水中ポンプに変更する事で水量確保できます。(特に深い井戸で効果大!)但し、砂上がり・鉄分多い井戸にはお薦めできませんが、同じジェット方式でも既存ポンプの出力が低い場合は、出力を上げる事で水量確保できる場合があります。
(例えば、既存が250Wで400Wに変更のように)
Q.
ポンプの音が気になるのですが?
A.
ポンプが古くなって音が大きくなったのであれば、地上にモーターのあるジェット方式でもずっと静かにはなります。しかし完全に無音にしたい場合は、水中ポンプに変更すると良いでしょう。
Q.
水中ポンプは寿命が短いのですか?
A.
井戸水水質が悪くなければ、これまでの経験上そのような事はありません。
しかし、鉄分・マンガンの含有量が多い井戸水では、寿命が短くなる場合があります。
(ポンプ内に鉄分が堆積して詰まり、水量が減少する等)
Q.
砂が上がる。濁る。臭う。等で困っているのですが…
A.
これはポンプを替えれば解決する問題ではありません。砂が混じっているのであれ、濁っているのであれ、臭うのであれ、そのままの井戸水を揚水しているにすぎませんので、根本的には井戸を掘り直すしかありません。
しかし、以下の方法で解決する場合もあるので、試してみると良いでしょう。
  • 砂上がり → 「砂こし器」を設置もしくは水を出しっぱなしにして収まるのを待つ
  • 濁り → 「浄水器」を設置もしくは水を出しっぱなしにして収まるのを待つ
  • 臭い → 「滅菌器」を設置して塩素を混ぜ、消臭する
Q.
硬度成分(カルシウム分)・鉄分等が多く給湯器等がすぐダメになる。洗濯物が変色・ごわごわ。石鹸の泡立ちが悪い。トイレタンク内が真っ黒。等で困っているのですが…
A.
これらの症状は、軟水器の設置で解決します。 以下の「浅井戸ポンプ・軟水器設置工事」の動画も参考までにご覧ください。
Q.
大腸菌が…
A.
滅菌器を設置して塩素消毒します。
Q.
使用中の圧力(水圧)変動が大きく使用感が悪い。お湯を使用すると熱くなったり、ぬるくなったりする。等で困っているのですが…
A.
水圧一定のインバーターもしくはフロースイッチ付のポンプを使用します。
  • インバーター → 使用水量にあわせてモーターの回転数がスムーズに可変する
  • フロースイッチ付 → 非インバーターポンプで小水量使用時でもモーターが停止しないので圧力変動がおきにくい
但し上記どちらの場合も、極端な小水量使用時は停止・起動を繰り返します。
無料ご相談フォームへ
TOPへ戻る