supportポンプの基礎知識

遠心カポンプ

遠心カポンプには、渦巻ポンプ(セントリヒューガル)と、タービンポンプ、その他、ボアホールポンプ` ブロペラポンプ等がある。羽根車を水中にて高速度に回転させ、その遠心力にて起こる圧力の変化に依り、水を羽根車の中心部より外周へ向って流動させて、水にエネルギーを与えるポンブです。

ヒューガルポンプは、水が羽根車によって与えられた速度のエネルギーを、渦巻室によって圧力のエネルギーに変えられ、吐出口より押出される。タービンポンプは、一般、中・高揚程に用いられる為、羽根車によって与えられる速度のエネルギーが大きく、従ってエネルギーを消耗すればポンプ効率が悪くなる為、案内羽根によって圧力のエネルギーに変え押出すポンプです。
ヒューガルポンプは、胴体が渦巻型をしているので渦巻ポンプと呼ばれ、又、タービンポンプは羽根車の外周に案内羽根を固定し、しかも水カタービンの逆になっているのでその名称で呼ばれています。

    遠心カポンプの特微をあげると、
  • 機械としての形が小さく、高速回転に適します。
  • 吐出量及び揚程について広範囲に使用出来る。
  • 吐出量が連統して均等である。
  • 故障が少なく取扱い易い。
  • 運転中の性能が他のポンプに比較して良い。

摩擦ポンプ(カスケードポンプ)

1枚の円板状羽根車4周辺に、数十枚以上の多数の歯車に似た小羽根を有する羽根車が、同心円の通路を持つケース内で高速回転をし、外円周上の1箇所で吸込まれた水は、羽根車と共に周辺上を走り、約一周して圧力を高められていくポンプです。なお、構造上羽根車とライナーのスキマは0.05呵程度ですので、砂や異物が混入すると、急激にこれらが磨耗して性能が低下します。(ポンプ内部で水が漏れる。)
なお、内部が磨耗しても軸動力は変わりません。

カスケードポンプは、非常に小型の小水量用のポンプであり、構造簡単、価格も安価である。吸揚程が比較的高く、又、吐出圧力も高いので、圧カタンク付の自動運転をするのに適しており、住宅、小規模の簡易水道、事務所、病院、学校等の給水施設に広く使用されています。

回転ポンプ

歯車、その他の回転体の接合によって揚水を行う装置を総称して回転ポンプ(ロータリーポンプ)と呼ぶ。このポンプは往復ポンブと渦巻ポンプとの中間に介在し、双方の性能を半々位有しています。この種のポンプは渦巻ポンプと同じく、吸込バルブも吐出バルブも有せず、回転体の回転運動により吐出管から水を一様に排出します。しかし、渦巻ポンプの羽根車が水室内(渦巻室)で回転しながら緋出するのとは全く趣きを異にし、回転体同士の接合及び室壁との接触により、空虚部に充てる水を持出して揚水を行います。よって回転ポンプは、始動に際して空虚部に充満する空気を自分で先ず捺気し、次に吸水管内の空気を吸取り続いて揚水をポンプ室によび込む為、回転を継続していればひとりで揚水を開始します。しかるに、回転体の接触面が漸時摩滅すれば漏水を始め、性能を減じ、ついには揚水不能となる欠点があり、汚水の吸上げには不適当です。
図には、回転ポンプの一種であるギャロータリーポンプの構造を示します。二つの歯車を円胴の内部でかみ合わせ、一方の歯車の軸に外部から動力を加えて回転すれば、二つの歯車が反対方向に回転し、その際、一方の口から液体を円胴内に吸い込み、他方の口Dから液体を吐き出します。液体が粘性を帯びる場合には、菌車の接触面や胴壁の隙間から液体が逆戻りし難くなるため、ギャロータリーポンプはこのような圧力液を送るのに適します。

往復ポンプ

往復ポンプは、ピストン又は、ブランジャーの往復運動により数箇のバルブを開閉して水を揚げるもので、図は、その構造の略図です。ビストンを下げる時は吸込及び送出バルブが閉じ、ピストンバルブが開いてシリンダー下部の水がシリンダー上部に移行しピストンを上げる時にはピストンバルブが閉じ、吸込バルブが開いて吸込管中の水がシリンダー下部に移行し、同時に送出バルブも開いて、シリンダー上部の水が送出管に押出されるのです。
手押ポンプは、往復動ポンブの最も簡単なポンプで、シリンダーの出口に吐出口があり、送水高は0に等しく又、深井戸ポンブはこのシリンダーを水面近く迄下げて、ピストンを長いピストンロッドで往復(上下)させて水を吸上げるポンプです。ピストン往復運動をなす際に、一方に動く時のみ拝水を行う為、これを単動ポンプとも呼びます。
図に示すピストンポンプは、シリンダー(3)の両側に吸込バルブ(1)と、吐出バルブ(2)を備えてあり、一本の吸込管(4)が、吸込管(6)に通じ一本の吐出管(5)に吐出口が通じています。
このポンプでは、ピストン(3)が左右いずれに動く時でもシリンダー側から水を圧し出して吐出管へ送水し、揚水が断絶することはありません。即ち、ポンプが往復両方向に作用するいう意味からこの種のポンプを複動ポンプと呼びます。

ポンプについてのお問い合わせはこちら

043-234-6602
井戸ポンプ情報局
給湯器 販売・交換
バスリフォーム
無料ご相談フォームへ
TOPへ戻る