深井戸ポンプ(ジェットポンプ)

DEEP WELL深井戸ポンプ(ジェットポンプ)

深井戸ポンプ(ジェットポンプ)の特徴、仕組み、耐用年数、価格などの情報を掲載しています。

深井戸ジェットポンプとは?(特徴)

深井戸ジェットポンプは、モーター、電装、制御部は地上で、井戸の中に吸込管、圧送管を結んだジェット部分を設置する方式です。深井戸ポンプとしてはオーソドックスな方式です。

吸い上げ高さが8m〜20m位までが適用範囲です。
その範囲ならば、水量も比較的得られます。(高さ・用途によりモーター出力選定しますが、ジェット方式の性格上あまり深いと水量が得られません)

新規設置時は呼び水(吸込・圧送配管とポンプ内)が必要です。現在の機種は運転音がかなり低く抑えられております。
また、井戸のそばに設置するのが望ましいです。
インバーター方式の機種ならば省エネで、浅井戸と兼用できる機種もあります。(別途部材が必要で、ジェット部分は不要です)

深井戸ジェットポンプの原理や仕組み(構造)

地上にポンプを据え付けた場合、吸うだけ(正確には吸込管内を真空にする)では井戸水面にかかっている大気圧による限度、約10mよりも高く上げる事はできません。(浅井戸ポンプのページで詳しく説明しています)
水面がその吸上可能高さよりも低い場合、吸上可能な高さまでなんらかのアシストが必要になります。その役目を担うのがジェット部品です。

吸込+圧送(深井戸ジェットポンプ)の2本の配管がジェット部に接続され(イラストA)、圧送された水はジェット内のノズルから高速水を吹き出し(イラストB)、その作用により吹き出し水と吸上水が混合しながら徐々に速度を下げ圧力を上げて揚水作用をします。(吹き出し周辺の部分は大気圧よりも低くなる)

非常に単純に考えますと、ポンプ→圧送管→ジェット→吸込管→ポンプ→(以下繰り返し)と水が回っており、その一部を使用しているという事になります。

深井戸ジェットポンプの用途

  • 深井戸でも極端に深い井戸ではない(水面の深さという意味で)
  • 水量はごく普通にあれば良い
  • 多少の作動音は気にならない
  • 井戸水に含まれる成分の堆積により水中ポンプが使用できない場合  等・・・

深井戸ジェットポンプの耐用年数

ポンプ本体の耐用年数は10年〜15年位が目安ですが、ジェット部品との兼合いもあります。
5年位でアキュームレータ(タンク)と圧力スイッチ(インバーターポンプでは圧力センサー)の交換をした方が良い場合が多いです。

深井戸ジェットポンプの価格

深井戸ジェットポンプは、メーカーを問わない場合は、最小で150Wから最大で1,500Wまで用途に応じた様々な出力(150W・250W・400W・600W・750W・1,100W・1,500W)の製品があり、更に省エネインバーターや外装ステンレスのもの、部品を替えることにより浅井戸用・深井戸用どちらにも対応可能なものとバリエーション豊富です。

当然のことながら出力が大きいほど水量が得られますが、一般家庭では250W・400Wがいちばん多く使われています。
750W以上は電源も200V(単相もしくは三相)が必要になり、状況が許せば水中ポンプの方が効率的となります。
出力(W)が同じならば、メーカー間による価格差はほとんどありません。

既存からの交換の場合は、ジェット部・揚水管まで全て替えるかポンプ本体のみ替えるかで総額も変わってきます。

深井戸ジェットポンプ実演動画

深井戸ジェットポンプの実演動画をご紹介します。

映像内のジェット部品は、当社仮設用として何度も使用しているものです。
ジェットと配管をポンプへ接続(圧送D・吸込S)し、置いてある木を地面として、大径(100mm)の管が井戸ケーシングです。(※井戸ケーシングはカットしてありますが実際には水脈までずっと埋設され、水脈部分にはストレーナーが巻かれてそこから水が入りケーシング内に溜水されます。その水面の位置が重要)

地上と井戸配管の末端をショートカットした状態のため、当然実際には地面より下は数十メートルありますので、それを想像してください。吐水シーンもございます。

当社で販売しているオススメの深井戸ジェットポンプ

省エネ・ステンレスの
川本JFシリーズ

¥110,000〜

頑固一徹、ジェットポンプの
スタンダードイワヤJPSシリーズ

¥130,000〜

ポンプについてのお問い合わせはこちら

043-234-6602
無料ご相談フォームへ
TOPへ戻る