自然の力でろ過された地下水には、水道水と比べておいしくて不純物が少ないものもあり、日常生活に取り入れたいと考えている方もいらっしゃることと思います。その一方で、水道水にはどのような不純物が含まれているかご存知でしょうか?
そこで今回は、水道水に含まれる不純物などについてご紹介いたしますので、ぜひ井戸を導入するかどうかの判断材料にしてみてくださいね。

日本の水道水は安全性が高い?

水道水の元になる水は雨や雪です。雨や雪は地下に浸透し、川や湖、沼、または地下水になります。十分な水量を確保するためには貯めておかなければなりませんが、その役割を担っているのがダムです。
ただし、そのままの水では菌を含み、不純物が多く含まれているため、安全な飲料水にするためには浄水場で浄化する必要があります。そこで上水道を通じ、各エリア内の給水所に運ばれ、そこからは排水管を通って各家庭の水道へ届きます。
また、マンションでは貯水タンクに水を貯めますが、そこでは雑菌除去のため、さらに塩素による消毒が必要になります。

このように日本では、水道水が安心して飲めるように浄化処理されています。日本の水道水の安全性は世界基準で高く評価されており、日本以外に水道水をそのまま飲める国はそう多くはありません。
しかし、安全性が高いといわれる日本の水道水ですが、浄化過程ではさまざまな不純物が含まれてしまいます。

水道水に含まれる成分とは?

水道水には実は多種多様な成分が含まれています。それも水道水の安全性を高めるために必要なものですが、その成分の中には微量ではありますが健康への影響が気になるものも含まれます。

塩素(カルキ)

塩素は水道水の安全性を確保するために必要な成分で、水道法により塩素を入れなければならないと定められています。塩素によって、病気につながるような菌を消毒しているのですが、蛇口を捻って出てくる水道水に含まれる塩素は正確には「残留塩素」になります。
残留塩素とは、殺菌後も水道水の中に残る塩素のことで、WHO(世界保健機関)のガイドラインでは飲料水に含まれる残留塩素濃度は5mg/L以下と決められています。ただし、日本の厚生労働省が水質管理によって留意するべき項目では「1mg/L以下」となっており、WHOのガイドラインよりも厳しい基準が設けられています。

トリハロメタン

トリハロメタンは、塩素消毒をしたときに発生する物質です。このトリハロメタンは、発がん性の恐れがある物質といわれています。
ただし、WHOの研究ではあくまで「発がん性の恐れがある」という表現であり、実際の人体への影響は明確になってはいません。

アルミニウム

水を浄化する中で、アルミニウムを含んだ薬品を使用します。そのため、水道水にもアルミニウムが含まれるのです。ただし量は少なく、体内に入ったとしてもほとんどは体の外へ出ていきます。

ミネラル

水道水にはミネラルが含まれます。このミネラルの量によって、硬水・軟水の違い、そして味の違いになるのです。
主なミネラルは、ナトリウムやカルシウム、マグネシウムやカリウム、ケイ素などです。なかでも、カルシウムやマグネシウム、ケイ素は、骨や歯を形成するために必要な成分となります。また、ナトリウムは水分調節、カリウムはナトリウムを体から出す働きを持っています。

深井戸は塩素などの心配がない?!

深井戸は純水なので塩素などの心配がない?!
日本の水道水の安全性は厳しい基準によって守られていますが、それでも不安を感じる人は少なくありません。健康を意識するなら、誰しもが安全な水を使いたいと考えるのは当然ですよね。特に水道水に含まれるトリハロメタンは、ずっと飲んでいても大丈夫なほど少量といわれていますが、発がん性物質といわれると「本当に安全なのだろうか?」と不安になるのも仕方ありません。

その点、井戸水ではトリハロメタンを含む心配がないので安心です。井戸水の中でも「飲料水」として利用が可能なものがある深井戸の水は、地表からの影響を受けづらいため不純物がほとんど含まれていない純水となります。深井戸は深い場所にある地下水のため、汚染されているリスクも低いのです。また、井戸水は塩素などの薬品を使用しませんが、自然の中でろ過され、その中でミネラル分が豊富に含まれています。

ただし、不純物をあまり含まない深井戸の水であっても「飲料水」として利用する際には、「しっかりとした水質検査を定期的に行う」、「水が汚染されていないか、定期的に井戸の周りを点検する」といった配慮が必要です。
このような点を踏まえて、安全に井戸水を利用すれば、水道水の代わりにミネラルウォーターを購入する手間が省けます。さらに、災害時の備えに井戸水が確保できていれば、いざというときの安心にも繋がります。

まとめ

水道水に含まれる不純物などについてご紹介しました。世界一安全性が高いといわれている日本の水道水ですが、より安全な水を手にするためにもミネラルウォーターや井戸水の使用を検討する方が近年増加傾向にあります。
また、飲料水だけでなく生活用水としても活用できる井戸を導入することは長い目で見れば経済的であり、水処理機器などを利用すればさらに純度の高い安全な水を使用することができますのでオススメです。
ぜひ日常生活に井戸水を取り入れて、より豊かで健康的な生活を送ってみてはいかがでしょうか。